🗐 Another Genesis

No.338

NO IMAGE
繊細な絵が描きたいんですけど、私の絵って繊細とは真逆を行っているような気がしてな……。
元来の性分が雑なのもあるのですけど。
目指しているものと向いているものとは別っていうのはあるのかなあ。

いるかどうか自信がないんですけれども、もしも私の今の作風を好きな方がいるとして。
仮にガラリと作風が変わってしまったら今までの私の作風を好いてくれていた人は離れてしまいますよね。
それはそれで仕方のないこととも思っています。
申し訳ない話ですが、私にもそういう経験は多々ありましたので。

こんなこと言っていますけれども、変わるのはなかなか難しいものなので、当面は大きく変わることなく今のままなのでしょう。
ただ私が目指しているものと現状は剥離しているということだけは確かなのでした。
現状を残しつつ新しいものを取り入れられるのが一番いいのでしょうね。

ついでにこんなこと言っていますけれども、私は自分の絵それほど嫌いでもないですよ。

■フリースペース:

他愛のない独言と覚書。
ご連絡はサイトのWeb拍手か、minamiya@rsgenesis.comまで。

サイトへ戻る

編集

■全文検索:

■日付検索:

■最近の投稿:

■カレンダー:

2019年11月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
最終更新日時:
2020年07月06日(月) 08時33分35秒